森田健さん講演会

「生まれ変わりの村」の著者として有名な
森田健さんの講演会です。
テーマ
「20年間の不思議研究から見た運の上げ方」

森田健氏は不思議研究所を始めて以来、
多くの能力者に会ってきました。
ブラジルでは、自身が麻酔をせずに
切開手術を受けました。
モンロー研究所では体外離脱をして、
他の惑星の生命系まで飛び込む領域まで行きました。

中国では煮豆から芽を出す能力者に会い、その修練方法を会得しました。
仙人修行をして中国道教公認の仙人ローブを授与されました。

生まれ変わりの村に行き、100人もの前世記憶者を取材しました。
これらの不思議研究から出た「運の上げ方」をお話しします。

私たちは自分に規制をかけていたのです。
考え方が180度変わるかも知れません。

20030522202212DSC06404黄山s (200x151)

日にち 2月8日 日曜日

時 間 午後 1時30分から4時まで
開場 午後1時

場 所 相模大野 ユニコムプラザさがみはら
セミナールーム

小田急線 相模大野駅前
bono相模大野 サウスモール3階
http://unicom-plaza.jp/access/

☆ お申込みは こちら
新日本文芸協会Ω ネットショップ

満席となりました。

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
相模野さくら・峰村純子

画像の説明

 

キャプチャ

 

森田健さん プロフィール

1951年、東京生まれ。上智大学(SOPHIA UNIVERSITY)
電気電子工学科卒。富士通(株)を経て
コンピュータ―ソフト会社を経営し、開発した
通信ソフトが郵政大臣賞を受賞。

画像の説明

1996年に社内に不思議研究所を設置。
「時空」と「私」の謎を解くため、数々の不思議現象を
探求し、世界中を取材する。
主な著書に、「運命を変える未来からの情報」
「DVDブック 森田健の『見るだけで運命が変わる』」
「DVDブック『究極のいい運命へ 神とつながれ』」
「運命におまかせ」(以上、講談社)、
「『私は結果』原因の世界への旅」「ハンドルを手放せ」
「自分ひとりでは変われないあなたへ」

画像の説明

(以上、講談社+α文庫)、「あの世はどこにあるのか」 「運を良くする」
(以上、幻冬舎)など。
また、映画「スープ~生まれ変わりの物語~」の原作書
「生まれ変わりの村」VOL 1,2,3(河出書房新社刊)
はベストセラーになった。

森田シネマズのサイト 紹介
http://moritaken-cinema.jp/index.html

監督:森田健
画像の説明
私が原作・監督の映画のポータルサイトがスタートしました。
私は科学では解明されていない不思議現象を、
現地調査を実施しながらできるだけ科学的に調査を
進めました。その20年間に渡る調査結果をもとに、
この三本の映画の原作・監督をしました。
これらの映画の中には未来を先取りした情報が
沢山詰まっています。
2015年は歴史の流れが大きく変わると思います。
それにむけて、是非三本の映画をご覧ください。

作品情報「ワンネス」~運命引き寄せの黄金律~

映画「スープ」の原作でベストセラーになった
「生まれ変わりの村」(河出書房新社刊)を始め、
「時空」と「私」の謎を解くため、数々の不思議現象を探求し、
世界中を取材した多くの著書を送り出している作家
森田健がその鋭い探究心で15年におよぶ調査結果から
生み出した仮説小説「神のなせる技なり」(幻冬舎刊)
を自らがメガホンをとり初監督したのが、
本作「ワンネス」~運命引き寄せの黄金律~。
理科系出身でもある森田健監督の視点で描かれた
科学的な視点が随所に描かれており、
また、森田監督の映像へのこだわりから、
従来の映画の撮影手法を覆す斬新な映像もみのがせない。
続きはこちら
http://oneness-movie.jp/movie.html

映画「和~WA~」
2011年の東日本大震災では、巨大地震とそれに続く津波で、
多くの被害が出ました。
こうした中で被災した多くの日本人は、冷静さを保ち、
物資が配給される時は皆整然と何時間も並びました。
掠奪もほとんど起こりませんでした。また、
がれきの中から死ぬ思いで助けられた高齢のおばあちゃんが、
救援隊の人に「迷惑をかけて申し訳ありません。
私はいいから他の人を助けてあげてください」と言いました。
これらの事は内外のメデイアで紹介され、
人々の記憶に残ったと思います。
森田健監督にとってこれが映画『和(WA)』を制作する
きっかけになりました。

日本には地震や津波だけでなく、火山の噴火や台風到来などが
頻繁にあり、人々は過酷な生活を余儀なくされてきました。
そんな状況の中から、日本人の心の中に無意識に
芽生えたのが、この映画のテーマである日本人の
「和(WA)」の心ではないでしょうか。
大きな天災を目の前にして、日本人には一致団結し、
助け合おうという精神が生まれたのだと
思います。天災の前で人は無力な存在です。

しかし、人々は助け合うことよって生き残る道を
見出したのです。日本人はあまり自分の意見を言わず、
周りの人に合わせる傾向があります。
それが、東日本大震災では、良い点として現れたと思います。

森田監督はそこから、テーマを発展させ、
日本人の持つ「和(WA)」の心の根底にある意識と
無意識という問題を、日本人のみならず、
地球人全体への問いかけとして、この映画『和(WA)』を
制作しました。

映画『ワンネス~運命引き寄せの黄金律~』に続き、
森田健監督が根源的な問題意識を持って制作した作品です。
続きはこちら
http://wa-movie.jp/contents.html

「生まれ変わりの村」


1 / 11

top