山川亜希子さんオンラインお話会 8月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2020年8月29日開催しました。
ご参加ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャーリーマクレーンの「アウト・オン・ア・リム」や、ザ・シークレットアルケミストを翻訳された、山川亜希子さんのお話会を開催します。

 

亜希子さんのゆったりした語り口に ほっと安心することが多いです。

今回はけやきでのお話会のような雰囲気で、お話をしていただきます。

 

亜希子さんはいつもその時私達に一番必要なことを語って下さいます。

あなたにとってぴったりのメッセージを受け取って下さい。

 

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

亜希子さんのお家から発信します。

全国どこからでも、参加できますね。

質問タイムもとります。

同じエネルギーを共有し、楽しい時をすごしましょう。

 

 

日にち  2020年8月29日 土曜日

時 間  午後1時から3時まで

 

 

会 費  2,000円 +税

 定員   50人

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

ハワイのクムであるあゆみさんが、8月22日亜希子さんのお話の後にフラダンスを踊って下さることになりました。
沖縄の離島から発信です。

写真はさがみ健康クラブの山川ご夫妻の講演会の時のものです。

この時は昼の講演会でも夜の懇親会でも踊って下さり、たっぷり本格的なフラをたんのうすることができました。

 

 

 

 

 

山川亜希子(やまかわ あきこ)

 

翻訳家。1943年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。
夫・紘矢とともに海外生活を体験。外資系会社勤務の経験も。

夫の退官後、ともに翻訳の仕事を始める。

著書

『宇宙で唯一の自分を大切にする方法』(ヤマト書房)

『人生は奇跡の連続』(ヤマト書房)

 

共著

『引き寄せの極意』(興陽館)

共訳に
『アルケミストー夢を旅した少年』(パウロ・コエーリョ著、角川文庫)

『ザ・シークレット』(ロンダ・バーン著、KADOKAW)
『聖なる予言』 (ジェームズ・レッドフィールド著、角川文庫)
『カミーノ―魂の旅路』(シャーリー・マクレーン著、飛鳥新社)
『心を癒すワイス博士の過去生退行瞑想』(PHP研究所)など多数。

累計80冊を翻訳し ベストセラー多数

累計販売数は700万冊を超す。

 


6月の展覧会 みんなで楽しむ大人の文化祭 入場無料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年6月22日開催しました。
ご参加ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

日頃活躍している皆さんの展覧会を開催します。

☆山口孝恵さん

関西在住 鞍馬山に毎月登り写経を続けていた

ある時からスピリチュアルなメッセージにより、突然絵を描き始める。

高いエネルギーを感じる美しい絵で、注目を集めている。

今回は初の展覧会

☆ 綿のアート めぐりん

土や農にあこがれ、大地と共に生きることを目指し、活動を開始している。

綿花を育て紡いでいくということを楽しんでいる。

今回は綿についての作品を展示します。

 

☆渡辺多美子さん 外山良子さん

「歌って 踊って 笑って 、自分が本当にやりたいことを やることにした私たち」

経験がないことや年齢を理由に やりたいことや興味のあることを あきらめてしまう方もいるけれど、

不安や心配よりも “やってみたい気持ち”を選択するようになった2人です。

山川ご夫妻とスピリットダンスに出会い、さくらさんの読書会に出会い、

自分と仲良くすること・信頼すること、正直でいること、みんなそのままでいいこと、それらを今まさに実践中。

展示品は私たち自身⁉︎  今 2人が気に入ってる物たち(インドのスカートや 織り、 素朴な民族楽器 )と音楽も。

講演会までのひと時、楽しく過ごしましょう

日にち 6月22日 (土曜日)

時 間 午前 10時から 12時まで

場 所 相模大野 ユニコムプラザさがみはら
・・・・小田急線 相模大野駅前
・・・・bono相模大野 サウスモール3階
https://unicom-plaza.jp/access/

会 費   無料

申し込み  不要  直接会場においで下さい。

12時30分からは 同じ会場で山川紘矢&亜希子さん西田普さんの講演会が開催されます。

作品は、午後5時まで展示されます。

山川紘矢さん亜希子さん西田周さん講演会はこちら

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

山口孝恵さん  作品

 

2013年に初めて訪れたフィンドホーンとボールダーで、自然界の生き物たちに魅了されました。
写真を撮ることに目覚め、そこに宇宙を感じるようになりました。

そして山川ご夫妻のスピリットダンスに出逢い、踊っているときに色や模様が浮かぶようになりました。
その後、ダンスだけでなく自然の中を歩いたり音楽ライヴを聴いたりしているときも色や模様が現れるようになったのです。曼荼羅を描き始めるタイミングと重なり、感じたことを絵に表現してみることにしました。

今はフィンドホーンで踊られているセイクレッドサークルダンスを踊っていますが、その中にも曼荼羅を感じています。

私にとっては、写経と同じで、お祈りや瞑想、そして何より自分と繋がるたいせつなツールとなっています。

描いているときは無心になれ、手の赴くまま自由に描いています。
観てくださる方に癒しをお届けできれば幸いです。
少しですが作品の販売もしています。
☆原画販売
https://minne.com/@squawk
☆Tシャツ&トートバッグ
https://utme.uniqlo.com/jp/front/market/show?id=394612&locale=ja
綿のめぐりん 紹介

子供の頃から自然や動物とふれあうことが好きでした。

長く会社勤めをしていく中で、体の不調を感じ、メディカルアロマやハーブの自然治療の学びを始める。

又自身のがんやアレルギー、うつを経験することで、心と体に意識を向けるようになる。

自らの治癒力で回復したことと、微生物や発酵の学びの中で、今日「布良ふら」と出会う。

そして体の細胞修復には睡眠の質が重要と知る。

合わせて人と地球を癒やしてくれる、綿(植物)のエネルギーを、綿の一生として、栽培から糸紡ぎ、物づくりと携わり、又ふらのわ会講師を招き、お話会を開催しひろく普及中です。

 

 

 

 



top