たいらつばき「神からの手紙」読書会3月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第5巻 第14章 「 魂 」

 

日にち  2024年3月14日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

4月18日 5月16日 6月13日

いずれも木曜日 午後

 

会場での読書会

日にち 3月17日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ ・  最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

4月14日 日曜日

5月19日 日曜日

6月16日 日曜日

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

 


たいらつばき「神からの手紙」読書会2月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第2巻 第5章 「 愛 」

 

日にち  2024年2月15日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

3月14日

いずれも木曜日 午後

 

会場での読書会

日にち 3月17日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ ・  最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

4月14日 日曜日

5月19日 日曜日

6月16日 日曜日

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

 

 

感想
神奈川県横浜市 T Y さま
少し難しいテーマのようでしたが 読書会で感想など聞かせていただきながら、私たちはすでに愛されている。と知り温かいものに包まれたような安心感に包まれました。

現象に惑わされないで、私も愛を発して行くことが健康になり幸せになっていくと思いました。平安な時間を過ごせて参加して良かったです。


たいらつばき「神からの手紙」読書会1月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第2巻 第5章 「 愛 」

 

日にち  2024年1月18日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

2月15日 3月14日

いずれも木曜日 午後

 

会場での読書会

日にち 1月21日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ ・  最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

2月11日 日曜日

3月17日 日曜日

4月14日 日曜日

5月19日 日曜日

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

 

 

 

 

 

 

感想
神奈川県横浜市 I Y さま
今まで、自分では愛だと思っていたこと、それは本物の愛なのだろうか、、と疑問が湧きました。
自動書記で聞いてみて、答えを出していきたいと思います。

とても大事な事が参加者の意見を聞きながら、腑に落ちていきました。
まずは自分を愛することが、大事なんだと知り、人に喜ばれるためにする行動は必ずしも愛ではない。
と自分で気づけたのかなぁ。頭が軽くなり、楽に生きれてる感じがしてきました。
とてもよい時間をありがとうございました。

兵庫県多可郡 M M さま
毎回思うのですが、この読書会は私にとって気づきが多く、自分を知ることができる貴重な時間です。
今回のテーマは『愛』
漠然としすぎてて、また大きなテーマでありよくわからないなと思ってしまいます。

この章には愛について色々と書いてあり、学ぶことがたくさんあります。
私の中で今回、再確認したこと
『愛しなさい、自分を(P94)』まず、ここなんだなということです。
自分を愛せるようになった時、身の回りの人、すべてを愛することができるということが腑に落ちました。

まずは自分に集中し、魂の声をきき自分を満たすこと、自分を好きでいること、そして私のテーマ「好きを大切に」していこうと思いました。


たいらつばき「神からの手紙」読書会12月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第7巻 第20章 「 新しいこの世 」

 

日にち  2023年12月14日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

1月18日 2月15日 3月14日

いずれも木曜日 午後

 

会場での読書会

日にち 1月21日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ ・  最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

2月11日 日曜日

3月17日 日曜日

4月14日 日曜日

5月19日 日曜日

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

第7巻 第20章 「 新しいこの世 」

 

○新しいこの世はあなたが作るのです。あなたがあなたのままいられる、あなたが自由に暮らせるあたらしいこの世なのです。

新しいこの世は気候も全て穏やかで、人々の暮らしは安定しています。

人々は温暖な気候の中で、自然の恵みをふんだんに受け、豊かな暮らしをつくりあげていきます。人は皆、魂の通りに生きています。

他の人と自分の違いを十分認めあうため、トラブルはありません。

お互いの個性を大切にするので、全て強調していけるのです。

 

いつも平安でいつもリラックスしていてください。

いつも喜びにあふれ、幸せでいて下さい。

全ての人が幸せであるためには、まずあなたが幸せでなければなりません。

いま以上に自分を大切にしてください。

今まで以上に自分を喜ばせて下さい。

全てこの神が動かしているのです。あなたは神のお宮であるのです。

あなたの肉体はますます健康に若返っていくのです。

もう新しいこの世がやってきます。

あなたもあなたの周りの人も、新しいこの世に備えて、新しい肉体、新しいボディへと変容しています。

 

あなたの目の前に、ある日突然新しいこの世が展開するのです。

まるで氷が溶けたかのごとく、いきなり新しい波が現われるのです。

今はその前なのです。神の国とは、この地上の楽園です。

神はもともと地球をそのようにつくったのです。

元々の姿に地球も戻るのです。地球自身がこのことを決断したのです。

人々よ、この地球に同調してください。地球と共に次元上昇するのです。

感想
神奈川県横浜市 I Y さま
とてもタイミングよく参加させていただきました。
参加者さんの感想を聞いていて、あっ、そうなんだ!と腑に落ちることがあり、すっきりした気持ちになりました。

学んだ翌日、なぜ、こんな事が、、?と思う事があっても、それは現象なんだ。
と思うと執着がなくなり通りすぎてしまうという体験をし気持ちが軽くなりました。
新しい世界は自分の中にある。その中に入る。ということなのかな。と思いました。
貴重な学びになりました。
また、参加させていただきたいと思います。
ありがとうございました。


たいらつばき「神からの手紙」読書会11月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第7巻 第20章 「 新しいこの世 」

 

日にち  2023年11月16日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

12月14日 1月18日 2月15日 3月14日

いずれも木曜日 午後

 

会場での読書会

日にち 12月3日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ ・  最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

1月21日 日曜日

2月11日 日曜日

3月17日 日曜日

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

第5章 命

 

 


たいらつばき「神からの手紙」読書会10月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第5巻 第13章 「 命 」

 

日にち  2023年10月19日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

11月16日 木曜日

12月14日 木曜日

 

会場での読書会

日にち 11月5日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ 最新の手紙

・   最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

12月3日 日曜日

1月21日 日曜日

2月11日 日曜日

3月17日 日曜日

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

第5章 命

 

 


たいらつばき「神からの手紙」読書会9月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第5巻 第13章 「 命 」

 

日にち  2023年9月14日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第5巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

10月19日 木曜日

11月16日 木曜日

12月14日 木曜日

 

会場での読書会

日にち 10月8日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ 最新の手紙

・   最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

10月8日 日曜日

11月5日 日曜日

12月3日 日曜日

1月21日 日曜日

2月11日 日曜日

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

第5章 命

 

 


たいらつばき「神からの手紙」読書会8月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第1巻 第3章 「 悟り 」

 

日にち  2023年8月10日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第1巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

9月14日

 

会場での読書会

日にち 8月13日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ 最新の手紙

・   最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

9月10日 日曜日 10月8日 日曜日

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

第3章 悟り   

悟るということは、いろいろな意味で誤解されています。 

悟るということについて、きちんと学んでください。 悟るということの意味や、その方法について記していきます。 

 

悟るということ  

悟りとは何でしょうか。

人は悟るということの意味を間違えています。

人は悟りたい と思い、昔から皆努力しています。悟るということは、自分の使命を知ることです。

悟 りとは自分自身を知ることにほかなりません。

悟るとは、人の魂の在り方を知ることで す。人は悟りを開くといいます。  

 

悟りを開くとは、悟りを知ることです。

悟りを知って、自分の生き方を考えるので す。

自分の魂の思う方向へ行くのか、違う方向へ行くのかを考えるのです。 

 

 

悟りとは人の願いです。

人はいつも悟りたいと思っています。

悟りを開くために人は 努力してきました。

悟りを得るために修行してきました。悟りとは、修行して得られる ものではありません。

悟りとはただそのまま、あるがままの姿です。 

  

 

人はそのまま、あるがままの姿でいれば、そのまま悟ったということなのです。

無駄 な修行をする必要はありません。

 

辛いことをする必要もありません。

そのままのあなた でいいのです。

神はあなたを完璧につくりました。

何一つ不足のものはありません。

 分を完全だと思いなさい。

自分に自信を持ちなさい。

あなたは神の姿そのままです。

 そのものなのです。 

 

悟りを開いた人としてブッダは有名です。

ブッダは木の下で瞑想をして悟りを開きま した。

悟りとは自分自身の偉大さに気づくことです。

ブッダは自分自身がそのままで完 全であることに気づきました。

ブッダは自分の中に神さまがいることに気づきました。

ブッダは自分が神であることに気づきました。

そのことを人々に知らせようとしたので す。

人は皆神であることを、神と同じ力を持っていることを。  

 

人々よ、自らの力を信じて立ち上がりなさい。

あなたは神なのです。神そのものなの です。

自分を信じて、自分の思うままに生きてください。

神はいつもあなたを応援して います。

神はいつもあなたを最善の方向へ導いていきます。 

    

悟りの方法  

 

悟りとは自分を知ることです。

自分を知るということは、思うより大変なことです。

 多くの人は、自分を知ることを恐れるからです。

悟りとは自分を知ることとわかってい ても、人は自分を知りたくないものです。  

 

人は自分自身を知ることを恐れています。

自分は醜いものと思っているからです。

 は自分に自信がありません。

自分は醜く、けがれていると思っています。

人々は自分の ことを、一番低く評価しています。

人は自分が一番嫌いです。

自分というものはこの世 の悪だと思い込んでいる人もいます。  

 

人は自分を認める必要があります。

自分は神なのです。

神と認めることが大切です。 

神はすべての人に内在しています。

神はすべての人とともにいます。

神はその人が生ま れた時からずっと一緒にいるのです。

その人のすべての苦しみ、楽しみをともに体験し てきました。

その人の隠したいこと、人には知られたくないこと、すべてを知っていま す。

神に隠しごとはできません。

神はすべてを知ったうえであなたを愛しています。

 なたの良い所も、悪い所もすべて愛しています。

なぜなら、あなたは神の愛を一身に受 ける価値のある人間だからです。 

 

私はあなたを愛します。

あなたのすべてを愛します。

あなたは私です。

あなたの神で す。

このことを知りなさい。

このことに気づきなさい。

それが悟りです。

悟りそのもの です。 

  

悟りとは誤解されています。

悟りとはいつでも誰でもできることなのです。

特別な人 が特別な時にできることではありません。

悟りとは簡単なことです。

考えて、悩んです ることではありません。

考えてはいけません。

悩んではいけません。

無心でいなさい。

無心でいることが大切です。

ただただ無心でいなさい。

生まれたての赤子のように、無 心でいることを心がけなさい。

それが悟りへの最短の道です。 

 

 

悟るということは自分ですることです。

人にしてもらうことではありません。

人に依 存してはいけません。

悟りとは自分自身ですることです。

人に頼らず、自分を頼りなさ い。

自分の中の神を頼りなさい。 

 

 

神はあなたをいつでも悟りに導きます。

いつもそうしようと待っています。

私にまか せてください。

必ずあなたに幸せをあげましょう。

私とともに歩みましょう。

私を信じ てついてきてください。 

 

 

悟りとは何のためにあるのか 

 

悟りは人の魂の向上のためにあります。

悟りは、人が魂を向上させたいと思う時に起 こります。

人がそう願えばそのように実現するのです。

悟るということは、その人の使 命を実現するために起こることです。 

 

 

悟ること、それはその人に必要な時期に起こります。

悟りそのものはとても単純なも のです。

悟るということはとても単純で、誰にでもできることです。悟るということは 

   

すべての人ができることです。

諦めずにその時を待っていてください。

時がくれば、 あっという間にあなたは悟れるのです。

それまでは目の前のことに一生懸命取り組んで ください。

目の前にあることを経験していくこと、それが一番の近道です。

悟ることを 焦ることはありません。

十分な経験の後、突然それはやってきます。

安心して待っていてください。 

 

 

悟るということは、その人が使命を全うするために必要です。

悟りはその人の魂を向 上させ、光らせます。

自分が何者か知ることです。 

 

 

悟りはその人の人生に必ず起こります。

誰もが悟ることができます。

それがいつ起き るかはその人次第です。

この世を離れるまで起きない時があります。

この世を離れる 時、初めて悟る人も多いのです。

この世に生きている間に悟れる人は幸せです。

自分の 望むとおりの生き方ができるからです。 

 

 

悟った人は悟ったことをほかの人に伝えることができます。

ほかの人が悟りを開ける ように応援することができます。

それがその人の使命だからです。 

  

 

悟りを開くと何ができるようになるのでしょう。

悟りを開くと自分を知ることができ ます。

悟りを開くと自分の使命を知ることができます。

悟りを開くと自分の使命を果た すことができます。

幸せな人生を送ることができます。 

 

 

悟りは何のためにあるのか。

それは、自分が神であると知り、神としての役割をする ことです。

神はいつもあなたとともにいます。

神はあなたを応援しています。

神はあな たの経験を期待します。

それは宇宙全体の経験として、貴重なことだからです。 

 

 

人々よ、悟りなさい。

人生の早い時期に悟りなさい。

神とともに生きなさい。

神はあ なたとともに生きることを望んでいます。

あなたとともに生き、ともに悩み、苦しみ、 そして楽しむことを望んでいます。 

 

 

人々よ、宇宙の経験を増やしなさい。

宇宙はあなたの経験を待っています。

あなたの すべての経験のデータは、アカシックレコードに記録されます。

記録されたデータは、 すべての宇宙のために有効に活用されます。

宇宙のすべてに貢献することができるので す。 

 

 

一人ひとりのすべての経験はとても貴重です。

太古の昔から、すべてのデータは記録 されています。

今、目の前のことに取り組み、日々を大切に過ごしなさい。

それが悟り への最も早い近道です。 

感想

福岡県小群市 T I さま
本日はありがとうございました。
読書会で、皆、神様なんだ。初めて、それを聞いた時の感動。
最初は、自分の傲慢さをおもい、次に自分を尊敬していない
そんな自分に気づきそして、皆の正直さと素直さに感動し
私には、失敗しか教えられないがと、おっしゃった謙虚さと深い思いに感動し
私の中の何かが、感動した、悟りの学びでした。

尊敬すること、皆、同じこと。そこから、始まること。
色んな愛を感じました。そして、ありのままでいること。

ふっと、自分にもできるかもと思いました。
素晴らしいエネルギーで、次元が上がり、とても救われた一日でした。


たいらつばき「神からの手紙」読書会7月(オンライン)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2023年7月13日 開催しました。
ご参加ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ    第1巻 第3章 「 悟り 」

 

日にち  2023年7月13日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

会 費  3800円

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第1巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

8月10日 9月14日

 

会場での読書会

日にち 8月13日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ 最新の手紙

・   最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

9月10日 日曜日 10月8日 日曜日

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

内容紹介 一部抜粋

第3章 悟り   

悟るということは、いろいろな意味で誤解されています。 

悟るということについて、きちんと学んでください。 悟るということの意味や、その方法について記していきます。 

 

悟るということ  

悟りとは何でしょうか。

人は悟るということの意味を間違えています。

人は悟りたい と思い、昔から皆努力しています。悟るということは、自分の使命を知ることです。

悟 りとは自分自身を知ることにほかなりません。

悟るとは、人の魂の在り方を知ることで す。人は悟りを開くといいます。  

 

悟りを開くとは、悟りを知ることです。

悟りを知って、自分の生き方を考えるので す。

自分の魂の思う方向へ行くのか、違う方向へ行くのかを考えるのです。 

 

 

悟りとは人の願いです。

人はいつも悟りたいと思っています。

悟りを開くために人は 努力してきました。

悟りを得るために修行してきました。悟りとは、修行して得られる ものではありません。

悟りとはただそのまま、あるがままの姿です。 

  

 

人はそのまま、あるがままの姿でいれば、そのまま悟ったということなのです。

無駄 な修行をする必要はありません。

 

辛いことをする必要もありません。

そのままのあなた でいいのです。

神はあなたを完璧につくりました。

何一つ不足のものはありません。

 分を完全だと思いなさい。

自分に自信を持ちなさい。

あなたは神の姿そのままです。

 そのものなのです。 

 

悟りを開いた人としてブッダは有名です。

ブッダは木の下で瞑想をして悟りを開きま した。

悟りとは自分自身の偉大さに気づくことです。

ブッダは自分自身がそのままで完 全であることに気づきました。

ブッダは自分の中に神さまがいることに気づきました。

ブッダは自分が神であることに気づきました。

そのことを人々に知らせようとしたので す。

人は皆神であることを、神と同じ力を持っていることを。  

 

人々よ、自らの力を信じて立ち上がりなさい。

あなたは神なのです。神そのものなの です。

自分を信じて、自分の思うままに生きてください。

神はいつもあなたを応援して います。

神はいつもあなたを最善の方向へ導いていきます。 

    

悟りの方法  

 

悟りとは自分を知ることです。

自分を知るということは、思うより大変なことです。

 多くの人は、自分を知ることを恐れるからです。

悟りとは自分を知ることとわかってい ても、人は自分を知りたくないものです。  

 

人は自分自身を知ることを恐れています。

自分は醜いものと思っているからです。

 は自分に自信がありません。

自分は醜く、けがれていると思っています。

人々は自分の ことを、一番低く評価しています。

人は自分が一番嫌いです。

自分というものはこの世 の悪だと思い込んでいる人もいます。  

 

人は自分を認める必要があります。

自分は神なのです。

神と認めることが大切です。 

神はすべての人に内在しています。

神はすべての人とともにいます。

神はその人が生ま れた時からずっと一緒にいるのです。

その人のすべての苦しみ、楽しみをともに体験し てきました。

その人の隠したいこと、人には知られたくないこと、すべてを知っていま す。

神に隠しごとはできません。

神はすべてを知ったうえであなたを愛しています。

 なたの良い所も、悪い所もすべて愛しています。

なぜなら、あなたは神の愛を一身に受 ける価値のある人間だからです。 

 

私はあなたを愛します。

あなたのすべてを愛します。

あなたは私です。

あなたの神で す。

このことを知りなさい。

このことに気づきなさい。

それが悟りです。

悟りそのもの です。 

  

悟りとは誤解されています。

悟りとはいつでも誰でもできることなのです。

特別な人 が特別な時にできることではありません。

悟りとは簡単なことです。

考えて、悩んです ることではありません。

考えてはいけません。

悩んではいけません。

無心でいなさい。

無心でいることが大切です。

ただただ無心でいなさい。

生まれたての赤子のように、無 心でいることを心がけなさい。

それが悟りへの最短の道です。 

 

 

悟るということは自分ですることです。

人にしてもらうことではありません。

人に依 存してはいけません。

悟りとは自分自身ですることです。

人に頼らず、自分を頼りなさ い。

自分の中の神を頼りなさい。 

 

 

神はあなたをいつでも悟りに導きます。

いつもそうしようと待っています。

私にまか せてください。

必ずあなたに幸せをあげましょう。

私とともに歩みましょう。

私を信じ てついてきてください。 

 

 

悟りとは何のためにあるのか 

 

悟りは人の魂の向上のためにあります。

悟りは、人が魂を向上させたいと思う時に起 こります。

人がそう願えばそのように実現するのです。

悟るということは、その人の使 命を実現するために起こることです。 

 

 

悟ること、それはその人に必要な時期に起こります。

悟りそのものはとても単純なも のです。

悟るということはとても単純で、誰にでもできることです。悟るということは 

   

すべての人ができることです。

諦めずにその時を待っていてください。

時がくれば、 あっという間にあなたは悟れるのです。

それまでは目の前のことに一生懸命取り組んで ください。

目の前にあることを経験していくこと、それが一番の近道です。

悟ることを 焦ることはありません。

十分な経験の後、突然それはやってきます。

安心して待っていてください。 

 

 

悟るということは、その人が使命を全うするために必要です。

悟りはその人の魂を向 上させ、光らせます。

自分が何者か知ることです。 

 

 

悟りはその人の人生に必ず起こります。

誰もが悟ることができます。

それがいつ起き るかはその人次第です。

この世を離れるまで起きない時があります。

この世を離れる 時、初めて悟る人も多いのです。

この世に生きている間に悟れる人は幸せです。

自分の 望むとおりの生き方ができるからです。 

 

 

悟った人は悟ったことをほかの人に伝えることができます。

ほかの人が悟りを開ける ように応援することができます。

それがその人の使命だからです。 

  

 

悟りを開くと何ができるようになるのでしょう。

悟りを開くと自分を知ることができ ます。

悟りを開くと自分の使命を知ることができます。

悟りを開くと自分の使命を果た すことができます。

幸せな人生を送ることができます。 

 

 

悟りは何のためにあるのか。

それは、自分が神であると知り、神としての役割をする ことです。

神はいつもあなたとともにいます。

神はあなたを応援しています。

神はあな たの経験を期待します。

それは宇宙全体の経験として、貴重なことだからです。 

 

 

人々よ、悟りなさい。

人生の早い時期に悟りなさい。

神とともに生きなさい。

神はあ なたとともに生きることを望んでいます。

あなたとともに生き、ともに悩み、苦しみ、 そして楽しむことを望んでいます。 

 

 

人々よ、宇宙の経験を増やしなさい。

宇宙はあなたの経験を待っています。

あなたの すべての経験のデータは、アカシックレコードに記録されます。

記録されたデータは、 すべての宇宙のために有効に活用されます。

宇宙のすべてに貢献することができるので す。 

 

 

一人ひとりのすべての経験はとても貴重です。

太古の昔から、すべてのデータは記録 されています。

今、目の前のことに取り組み、日々を大切に過ごしなさい。

それが悟り への最も早い近道です。 

感想
神奈川県横浜市  Y I さま
悟りは、難しいことでも、修行をして悟るものでもない。
今経験していることが、すべて悟りに必要なことだと知りました。
悟りとは自分の使命を知りその通りに生きること。
神が楽しみに待っていて応援してくれていること。
その時がくるのを楽しみに今の経験を思い切って恥ずかしがらずにした時に、悟りに近づいている感覚を覚えました。
あのことがそうかな、、思い当たることがありました。
学びと体験がセットであって、読書会は不思議な時間です。
貴重なお話ありがとうございました。


たいらつばき「神からの手紙」読書会6月(オンライン)

「神からの手紙」の読書会です。

最後に自動書記の体験会をします。

ご興味のある方 どうぞ!

ZOOMを使って オンラインでおこないます。

楽しく交流しましょう。

 

テーマ  第2巻 第4章 『 体 』

 

日にち  2023年6月15日 木曜日

 

時 間  午後1時から3時30分まで

 

定 員   15人

 

 

☆ お申込み後に ZOOMのURLなどの情報をお知らせします。

 

☆「神からの手紙」第2巻をテキストとして使用します。

お持ちでない方はこちらから購入できます。

送料無料で届きます。

新日本文芸協会オメガ 

 

オンライン読書会 今後の予定

7月13日 8月10日 9月14日

 

会場での読書会

日にち 7月9日 日曜日

・   午前11時から午後4時半まで

・   ランチタイムあり

場所  横浜線JR相模原駅近く

・   お申し込み後にお知らせします。

会 費 3800円

テーマ 最新の手紙

・   最新の情報をお伝えします。

お申し込みはこちら 

 

会場読書会 今後の予定

8月13日 日曜日

9月10日 日曜日 10月8日 日曜日

 

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω
さくら (峰村)

お問い合わせ info@snb-omega.com

 

****

第2巻 第4章 「体」 

 

あなたはなぜ体があるのかご存知ですか?

そこには大きな理由がありました。

細い体、大きな体、ちょっと使いにくい体、人と違う体、体にまつわる悩みはいろいろ、体に伴う痛みや病気もいろいろ。 私たちは(健康でいたい)(元気でありたい)とたくさんの意識と時間を使います。

死ぬまで一緒にいる“自分という体”。毎日出会う“誰かという体“。

社会も内面も変化の多い時期だと思います。

だからこそ、肉体をもって生きる意味をしっかり受け取り、これからの人生にいかしませんか?

 

(一部抜粋)

この章では、人間の体や心の仕組みについて伝えます。

人間の体や心は神が与えたものです。その体は完全で、何の不足もないように作られています。

いま、その体の扱いがとても悪くなっています。

体をうまく使っていないため、体や心の変調を起こす者が多くなっています。

そのため、多くの不調和、つまり病気の人が増えています。

その不調和の原因を対応についても伝えて行きます。

 

体がないと経験ができません。肉体というものは、経験するためにあるのです。

体は自分の思うままに動きます。自分の思うことを実現する、現実化するものです。

思うことが実現するばかりでなく、思うこと以外も実現させます。

体は神だからです。

神はその人の体を使って、その人に良かれということを実現させています。

 

感想
群馬県高崎市 K A さま
読書会ありがとうございました。
4月の読書会では「古いエネルギを手放す」が私へのサインだと感じ
その後せっせと断捨離を行い5月末で片付け終わりました。
気分もすっきり前向きになり、ちょっとした臨時収入もあって「手放すこと」の効果を感じました。

でも6月の頭くらいまでは日々楽しく前向きに過ごせていたのですが、
急に体調が悪くなり気持ちも落ち少し鬱々とした状態になってしまいました。

ですが先日の読書会に参加して「体を大切にケアすること」このサインがたくさんきて理由がわかりました。
食べるもの、体を動かすこと、呼吸、日々自分を気遣ってあげる、この事が足りてなかったのだなと腑に落ちました。

4月5月で心と物の整理が終わり次の段階がきのだなとピンときました。
神様が再三メッセージをくれていたのですね。
読書会にでるとその時に必要なメッセージがもらえるんですよね。不思議です。
不安を感じていた心が安定して落ち着きました。

最後の自動筆記でのメッセージ「すべておわりこれからはすばらしい事だけがおきる」
本当かな?とも思いますがこういうのは信じたもの勝ちですね!

また、他の参加者の方の流産した赤ちゃんのお話も聞いていて自分も浄化された感じがしました。
今はどんどん手放して軽くなっていく時なんですね。

私ももっと軽くなって行きたいな。
新しい時代の新しい地球が楽しみです。                   



top